[an error occurred while processing this directive]
日本インプラントセンター モバイル

インプラント基礎知識
治療に必要な環境

治療は骨を削り、そこに金属を埋入して結合(オッセオインテグレーション)させるものですから、もし雑菌や微生物による感染症がおきてしまうと大変です。骨結合が起こらないだけでなく、骨の中にまで感染症が広がってしまうからです。そのため、治療を行うときには術者は細心の注意を払います。

本体の環境
普段インプラント体は完全滅菌された状態でケースに保管されています。患者様のお口の中に埋め込むときに初めて封が開けられ、雑菌や埃を吸着しないように素早く埋入されます。もし、このときに落としてしまったり、何か別のものに当ててしまったりしたら、そのインプラント体はもう使い物になりません。術者が一番気を使う瞬間です。

手術の環境
通常手術を行う際には、その手術のためだけの完全滅菌された帽子、マスク、着衣等が一式用意されます。専用の手術室があるに越した事はないのですが、十分清潔な空間でしたら特に問題はありません。


インプラントの基礎知識一覧
TOPページへ戻る


(C)日本インプラントセンター