[an error occurred while processing this directive]
日本インプラントセンター モバイル

インプラント基礎知識
痛みについて

インプラント治療に痛みはほとんどありません
インプラントを埋め込むときなどには、あらかじめしっかりと局部麻酔を効かせて治療していきますので、痛みを感じることはほとんどありません。
ただ、麻酔が切れてからは傷口の痛みが全くないわけではありません。手術後1〜2日後多少の痛みや腫れが出る場合がありますが、通常お薬で抑えることができ、すぐに治まります。

手術に対して恐怖心の特に強い方には、静脈内鎮静法を用いることもあります。
静脈内鎮静法は、全身麻酔とは違い患者さんは術中にも意識はあります。ですがほとんど眠っているような感じですので、実際には2時間程度の手術でも30分位で終了したように感じるとても負担の少ない方法です。

静脈内に鎮静剤や鎮痛剤を投与することにより、術中の痛みも少なくなります。心電図モニターを使用し、手術中の全身コントロールもできますので、安心してご利用いただけます。
▲ページトップ


インプラントの基礎知識一覧
TOPページへ戻る


(C)日本インプラントセンター